メルマガ 001 コラム【旅】愛媛県編 日本語

 

1

今回は愛媛県にスポットをあてたいと思います。

愛媛県には日本七霊山の一つにして四国で最も高い山「石鎚山」があります。そこから見渡す景色は絶景であると小耳に挟んだのでフラッと立ち寄ってみることにしました。

 

フラッと言いつつ実際は中々アクセスが厳しく、ちょっとした冒険でした。

まず川を渡ります。早朝のため靄がかかっています。

この川はどこへ続くのかなぁ、なんて思いつつ。

2

 

石鎚山にたどり着いたときには靄はなくなり視界が晴れました。

崩れた石段を駆け抜けます。冒険心をくすぐられる風景です。

3

 

さらに獣道をゆきます。

気持ちは高揚し自然と足取りも軽くなって突き進みます。

4

滑落したら大ケガするだろうなと思う道もいくつかありました。周りには誰も居ないので落ちたらまず助けは望めません。そんな恐怖を心の片隅に置きながらも、やはり冒険心が勝りサクサクと進んでいきます。

登山すること1時間半。

 

「だいぶ頂上に近づいてきたな」

 

そう思ったとき・・・

 

5

・・・!?

目を疑いました。

きっと幻覚を見ているのだろう。

そう思い、十秒ほど目を閉じて深呼吸をします。

そしてもう一度ゆっくり目をあけると・・・

 

6

 

なんと同じものが見えました。

幻覚なんかじゃなかったっ!

高さにして約70メートル、傾斜はほぼ垂直、見て分かる通り命綱は無く、鎖があるのみ。

なぜかハムレットの名和訳が頭のなかでグルグルと回っています。

「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」

悩みぬいた結果、恐怖を克服して登ることを決意。

オレ、生きて帰ったら告白するんだ・・・。と変なフラグを立てて、足をひっかける場所を探りながら、ほとんど腕の力に頼って登っていきます。

生と死の狭間の緊張が続くなか、どうにか登りきることが出来ました。

「あぁ。生きてるってことは、こんなにも素晴らしいことなんだ」

生の喜びを実感した瞬間でした。

誰かにこの雄姿を見てもらいたかったなと思いながら登山を再開。

そしてたどり着く山頂。

7

評判が良いので美しい景色であることはすでに約束されています。

しかも四国で一番高い場所で、日本七霊山の一つで、これだけ苦労して来たのだから尚更感動することは間違いありません。

どれだけの絶景がこの目で拝めるのだろう。

心を驚かせながら、景色を眺めに行きます。

そして視界に入った光景は・・・っ!

8

 

霧 で な に も 見 え な か っ た。

 

ちなみに晴れていたらこんな景色が見えるそうです。

絶景ですね。ぜひとも見たかったです・・・。

10

参考)いよ観ネット http://iyokannet.jp/front/spot/detail/place_id/413/

 

志半ばでしたが私の石鎚山登山は幕を閉じ、愛媛県の旅を終えた私は次に高知へ向かいました。

 

おまけ*愛媛県。石鎚山以外にも こんなところへ行きました。

11

  • 今治。ご当地ゆるキャラのバリィさんが有名です。

バリー

今治城は今まで三十以上の城を見てきた中でもトップクラスに好きな構図でした。サイクリングロードも有名ですが、今回は行く時間なかったので次回挑戦したいです。

今治駅から見る景色。タオルの名産地でもあります。

12

今治城。この構図は美しく、さすが築城の名手・藤堂高虎だと思わせます。

13

  • 松山

愛媛県の県庁所在地。松山城、坊ちゃん、道後温泉が有名ですが湯築城跡もお散歩するのに適していました。坂の上の雲ミュージアムもあるので司馬遼太郎さんが好きな方はオススメです。

湯築城跡。河野氏の拠点です。とある戦略ゲームの上級者は沢山お世話になっているかもしれません。

14

伊予松山城。現存12天守の1つです。城へ行くのにロープウェイを使います。これは2015年の冬に行った時の写真になります。今回の旅行では時間の都合で行きませんでした。

15

道後温泉。いつ行っても混んでいます。行くときは時間に余裕をもって行くと良いかもしれません。

16

  • 内子

内子座。私が行った時間、ちょうど劇を講演中でした。

17

巨大かき氷。シロップではなくジャムがかかっています。最近注目を浴びているらしいです。

18

街並み。美しい日本の景色百選に入っています。

19

  • 伊予大洲

大洲城へ行きました。駅から城まで遠く、電車の時間の都合もあり走って移動しました。汗だくになって大変でしたが素敵なお城だったので行って良かったです。

伊予大洲駅。駅舎の雰囲気が古風で好きです。

20

大洲城。歩いていくと結構大変なのでバスかタクシーをオススメします。

21

  • 宇和島

現存12天守の1つである宇和島城と闘牛が有名です。

新幹線(の見た目をした鈍行列車)で伊予大洲から宇和島へ向かいます。社内にはプラレールが展示されていました。

22

宇和島駅。どことなく南国の雰囲気があります。

23

宇和島城の天守。天守閣は小柄ですが、丘にあるので景色は中々のものでした。

24

以上でコラムを終わります。

感想お待ちしております!