メルマガ 005 コラム【旅】宮崎県

今月は宮崎県を訪れたときのことをお話します。

関東に住んでいると、アクセスが困難なため行こうという気に中々ならない場所かもしれません。私も1回しか行ったことありませんが他県に無い独特な雰囲気を形成していて、とても印象に残っています。

このときは鹿児島中央から宮崎へ行きました。

宮崎は駅舎がとても独特で周辺にはフェニックスの木があります。
その場に居るだけで南国の香りが漂ってきます。
宮崎駅からバスに揺られること90分、辺境の地に鵜戸神宮があります。

山と崖と海に挟まれた道を突き進み、

そこに見えるのは洞窟の中にある神宮。
雨風を凌げる場所に神宮を作るなんて頭良いなと思いました。
絵になる景色を眺めて、物思いに耽ってみました。

暫く経ち、そういえば帰りのバスの時間を調べ忘れていたなと思い調べてみたら・・・

ただいまの時刻17時。
宮崎駅行きの終バス 16時40分。
・・・!?

ものすごく焦りました。宮崎駅からここまでの道中、コンビニどころか住宅すらほとんど見かけない道で距離もあります。歩いて帰るにはあまりにも困難。
焦りながら更に調べてみると油津駅方面の終バスが17時10分にあることが判明しました。必死に走ってバスが丁度バス停に着くタイミングで乗り込むことができました。あと一分でも遅れたら絶対バスに乗れなかった。そしたらどうなっていたんだろう・・・。

今まで時間を気にせずブラリ旅をしていた私ですが、これ以降辺境の地に行くときは必ず帰りのバス・電車の時間を調べるようになりました。

油津駅についた後、宮崎の有名観光地のひとつである青島神社へ向かいました。

ただ、時間が遅かったこともあり門が閉まっていて中を見ることが出来ませんでした。

残念!

宮崎駅に戻り、晩御飯を探しました。
目についたのは宮崎牛ステーキ。
お値段5000円。

食べるべきか、節約するべきか。これが問題だ・・・。

お店の前で30分近くグルグルしながら迷った後、宮崎に来る機会なんてこれが最後かもしれないと思ったのが決め手で宮崎牛ステーキを食べました。
美味しくて泣きそうになりました。

宮崎2日目は宮崎神宮へ。
敷地内でニワトリが闊歩していて驚きました。

宮崎神宮は伊勢や出雲に比べたらスケールは小さいですが、同じような匂いを感じました。

参拝後、近くの公園へ。
公園の丘を登り、目に映ったものは・・・。

異界の地に紛れ込んでしまったのかと錯覚を覚えました。
あまりにも日本的でなく、その場に相応しくない、インパクトのある建物でした。
八紘之基柱(あめつちのもとはしら)というらしいです。

戦時中のスローガンとして使われた曰くつきの名前ですが、現在は平和の塔という名前に改名したとかなんとか。

塔の近くには埴輪が沢山ありました。
宮崎は埴輪が沢山出土している箇所らしいです。

よくよく見ると味のある顔をしています。

なにかと古代文明を感じさせる公園でした。
最後に宮崎の銘菓を食べて宮崎を発ち、大分へと向かいました。

(完)

今月もお付き合い頂き、ありがとうございました。