Case1 オンサイトデータ消去サービス

クライアント

大手メーカー X社 (東京都)

Service内容

十数台の機器に搭載されていた150個のオンサイト(現地)HDDデータ消去サービスを提供しました。

2

お客様の懸案事項

お客様は自社サーバーをリースにて運用されておりました。

リース期間満了に伴う機器の返却の際にサーバー、ストレージ内の顧客データの適正処理を行い、機器を返却する必要がありました。

対象となるHDDの数量が多く、データを外部持ち出しにての処理ではセキュリティ上多くの問題が発生する為、データ消去の検証プロセスを自社外にて行うには不安がありました。

またリース返却品の為、HDDに対しては穿孔行為(穴あけ)ができない為、HDD消去エラーの対処方法がありませんでした。

TES Solution

弊社は電子機器廃棄・再利用のプロフェッショナルとして

すべての記録メディアに対するソリューションを提供することができます。

このお客様のケースでは弊社の専門エンジニアをお客様のデータセンター内に派遣(オンサイトサービス)し、それぞれのメディアタイプに適合した機材を使用して米国国防相基準(DOD)に準じたデータ消去作業をお客様の目の前ないしセキュリティカメラ範囲内で行います。

経年劣化に伴いHDD消去エラーが発生すると完全消去されないHDDは返却できない為、代用品を提供、違約金支払いが不要になりました。

クライアントメリット

  • 専門エンジニアにより完全消去
  • 証明書の発行
  • リース返却にともないデータ消去できないHDDの代用品の提供

お見積依頼はこちらから