シンガポール本社の設立から2年後、2007年にTES-AMM JAPANは誕生しました。
設立当初は、使用済みIT機器の回収から本社へのバーゼル輸出のみの業務でしたが、現在ではIT機器の調達、キッティング、ディプロイメント、デコミッショニング、エンジニアフィールドワーク、データ破壊、そしてリユース・リサイクルといったLCM業務をお客様のニーズにあわせて行っています。

私たちはお客様の様々なリクエストに対し、セキュリティ、コンプライアンス、トレサビリティ、環境負荷軽減の4つの柱をベースにベストなソリューションを設計し、日本国内はもとより世界22カ国33拠点においてサービスを提供しています。

「事業は人なり」の言葉に象徴されるように、TES-AMM JAPANは優秀な社員に支えられています。お客様に対して常に誠意と思いやりのある対応を心がけ、企業理念である「お客様の立場に立って考える」ことを真摯に実践するすばらしい社員たちです。女性比率も40%に達しており、社内では真剣さの中にも笑顔で談笑し合う明るい雰囲気で日々の業務をこなしています。

私たちはこれからも、継続的な成長、健全な財務管理、生産的な協力関係、研究開発・技術革新の推進をモットーに責任感をもって企業価値の向上に専心し、高い技術をもって、お客様の気持ちに寄り添ったサービスの提供と社会貢献に努めて参ります。

代表取締役社長 小沢 国彦